現代の東京の質屋

東京の質屋さんもどこの質屋さんも、今特に若い人たちからの利用が多くなっています。

若い人たちの利用が多くなったと言っても、お金に困って・・という人は少なく、普段利用しないものを売って新しいものを購入するとか、そういった場合に皆さん利用されているようです。

プレゼントでもらったものでも、自分が利用しないようなものの場合、現金にしてもらった方がいいというちゃっかりさんも多いようです。

以前は質屋というと、お金に困った人が仕方なく質草をもってお金を借りに行くということが多かったようですが、今はそういった使われ方は少なくなってきているのですね。

東京以外のどの地域でも、質屋でいう預かりではなく買取のほうが多くなっているという現実があります。

また質屋として営業しているお店も、質屋ではなく買取屋という名前で業務を行っているお店も多く、生活費に困って顔を隠しながら質屋に行くというイメージが払拭されたといこともあります。

若い方は特に質屋へ行くのにも、別に隠す必要のない理由ですから、どんどん積極的に利用しているということもあり、周りの方々がも気軽に利用するようになったのでしょう。

ただ、質屋の便利な預かりというシステムがあるということを知らない方も多いようなので、大切なものを一時的に預かってもらいお金を借りるということもできるんだということを知っておいてほしいですね。

東京の質屋の預かりとは

東京の質屋でも、どこの質屋でも、私たち現代人が利用するというと使用しないブランドバックなどを持ち込んで現金にしてもらうというのが一般的な利用の仕方だと思います。

でも、昔は預かりという方法を利用する人の方が多かったようなんですね。

この質屋の預かりという方法はどういうものなんでしょう。

預かりというのは、預かってほしい品物を質屋にもっていき、査定してもらいます。

査定になっとくできれば、お金を「貸して」くれます。

このとき、その品物の査定金額の限度額いっぱいまで借りていくということもできますし、必要な分だけ借りるということもできます。

もちろん納得できない場合には持ち帰ることもできます。

これが、預かりというシステムです。

預かってもらう品物は、質札とよばれ、利息と借りた金額を返せば、品物は返却してもらえます。

この契約から決められた流質期限まで品物は持ってきた人に所有権があります。

この期間が過ぎれば、所有権はお店のものになります。

東京では質屋というよりも買取のお店としての知名度のほうが高いのですが、こうした預かりを行っている質屋もまだたくさんあるのです。

売りたくないけれどお金が欲しい・・というとき、このシステムを利用するのもいい手かもしれませんね。

《 関連サイトのご紹介 》
ふりふり・フリーマーケット